カラダノートとnobitelが「ドナルド・マクドナルド・ハウス」への支援を開始

カラダノートとDr.stretchが開始したDMHC JAPAN寄付のロゴマーク ウォーターサーバー

株式会社カラダノート(本社:東京都港区、代表:佐藤竜也、以下カラダノート)が提供する寄付型ウォーターサーバー「カラダノートウォーターサステナブルプラン」は、2022年7月、株式会社nobitel(本社:東京都新宿区、代表取締役:黒川将大、以下nobitel)が運営するストレッチ専門店「Dr.stretch」の対象店舗に導入を決定したと発表しました。導入した店舗では、お水1ボトルを消費するごとに約100円を「ドナルド・マクドナルド・ハウス」へ寄付されます。

カラダノートとDr.stretchが開始したDMHC JAPAN寄付のロゴマーク

取り組み背景

従前、nobitelは持続可能な社会実現の取り組みの一環として「ドナルド・マクドナルド・ハウス」の全12施設にDr.stretchのトレーナーを派遣し、独自技術の「コアバランスストレッチ」を通じて施設利用者の緊張感を和らげ、質の良い睡眠へ導くことでカラダもココロも柔軟になるようサポートしています。
今回のカラダノートとnobitelとで「ドナルド・マクドナルド・ハウス」への寄付を通じ、治療に励む子どもとその家族のための滞在施設の運営を支援したいという想いが一致し、今回の取組開始となりました。

取り組み概要

全国の「Dr.stretch」対象店舗へ導入した「カラダノートウォーターサステナブルプラン」は、お水1ボトルを消費するごとに約100円が「ドナルド・マクドナルド・ハウス」へ寄付されます。「ドナルド・マクドナルド・ハウス」は、治療に励む子どもとその家族のための滞在施設の運営にカラダノートの寄付を活用するとのことです。
カラダノートは「家族の健康を支え 笑顔をふやす」をビジョンに掲げ、事業活動を通じ、家族の価値を高めることで少子高齢化に伴った社会課題の解消を目指しています。このたびの「ドナルド・マクドナルド・ハウス」への寄付を通じて、心身ともに健康な家族の時間を支援し、今後も、ビジョン実現に向け事業活動を推進していくとのことです。

​「カラダノートウォーターサステナプルプラン」について

「カラダノートウォーターサステナプルプラン」のアイキャッチ画像

2022年6月よりカラダノートは、法人向け宅配水事業「カラダノートウォーターサステナブルプラン」を開始。本サービスは、導入企業及び店舗がお水1ボトルを消費するごとに社会問題解決に取り組む団体へ寄付する仕組みで、ウォーターサーバーを設置するだけでSDGsに貢献できるサービスです。

「ドナルド・マクドナルド・ハウス」について

病気の子どもとその家族を支援する公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパンが運営する「ドナルド・マクドナルド・ハウス」は、病気の子どもとその家族のための滞在施設です。
難病の治療に励む子どもたちは、自宅から遠く離れた、大学病院等の設備・スタッフの揃った専門病院に入院・治療を受けることが多く、そのため、多くの家族は子どもたちの付き添いのためアパートを借りたり、ホテルに泊まらなければならず、経済的・精神的な負担を強いられます。
「ドナルド・マクドナルド・ハウス」は、こうした家族の経済的・精神的な負担を少しでも軽減し、安らげる場所を提供します。現在、ハウスは世界 45 の国と地域に 380 ヵ所(2022 年 9 月現在)に開設しており、国内では全国に12施設あります。1号ハウスオープン以来、延べ78,644 家族が利用しています(2022 年 10 月末現在)

会社概要

企業名 :株式会社nobitel
本社  :東京都新宿区大京町22−1 グランファースト新宿御苑2F
代表者 :代表取締役社長 黒川 将大
事業内容:フィジカルフィットネス(Dr.stretch/WECLE)/EC・スポーツメディア/トラベル・ホテル/トレーナー育成スクール/デジタルソリューション/マーケティング
公式サイトURL    :https://corporate.nobitel.jp/
Dr.stretch公式サイト:https://doctorstretch.com/

企業名 :株式会社カラダノート(東証グロース:4014)
本社  :東京都港区芝浦3-8-10 MA芝浦ビル6階
代表者 :代表取締役 佐藤竜也
事業内容:家族サポート事業 / ライフイベントマーケティング事業 / 家族パートナーシップ事業
企業公式サイトURL :https://corp.karadanote.jp/

価格ガイドで「カラダノートウォーター」のウォーターサーバー・宅配水を詳しくみる