ほっとひと息!コーヒー機能付きおすすめウォーターサーバー比較

比較ランキング

巣ごもり需要や在宅ワークで自宅でちょっとひと息を入れるのにぴったりなアイテムとして、注目なのが、コーヒーメーカーの機能付きのウォーターサーバー。天然水を使ってす。「アクアクララ」「FRECIOUS」が展開するコーヒーメーカー機能付きウォーターサーバーをご紹介いたします。

コーヒーメーカー機能付きウォーターサーバーの一覧

ウォーターサーバーと一緒にコーヒーを楽しめる機能を搭載するものは、アクアクララとFRECIOSが手掛けているものがあります。アクアクララは「アクアウィズ」FRECIOUSは「Slat+cafe」です。ざっくりとした費用感などは以下の通りです。

メーカー・サーバー名平均月額お水
アクアクララ アクアウィズ5,008円RO水
FRECIOUS Slat+cafe(スラット+カフェ)5,423円天然水

コーヒーメーカー機能付きウォーターサーバー

それでは、サービスごとに詳しく見ていきましょう。

アクアクララ アクアウィズ

アクアクララから「AQUA WITH(アクアウィズ)」

アクアクララ AQUA WITH(アクアウィズ)

アクアウィズ(アクアクララ)

ネスカフェのコーヒマシンを搭載。シンプルで空きのこないデザインに加え、安全、安心、省エネを追求した機能を備えた多機能なウォーターサーバーです。

平均月額 5,008円
水の種類 RO水
水料金(24L換算) 2,808円
500ml換算 104円
サーバーレンタル料 0円
送料 0円

  • ※平均月額は、初年度に発生する費用(初期費用、サーバーレンタル代、水代、送料、メンテナンス費用、その他発生費用)の合計を1ヶ月の平均金額として算出したものです。
  • ※水代と500mlは、24L換算をもとに算出を行っております。実際の契約できる注文単位数によって水代は異なります。

FRECIOUS Slat+cafe(スラット+カフェ)

FRECIOSでは、天然水で作ったコーヒが飲める「Slat+cafe(スラット+カフェ」を提供しています。ボタンを押すだけでコーヒーが作れるのでとっても手軽、水を汲んだり、お湯を沸かしたりする必要もありません。UCCのプロが淹れる本格的なハンドドリップを再現した味わいが特徴です。

フレシャス Slat+cafe(スラット+カフェ)

Slat+cafe(FRECIOUS)

本格ドリップでプロの淹れたコーヒーを再現。コーヒーメーカーと1つになった1台2役のウォーターサーバーです。

平均月額 5,423円
水の種類 天然水
水料金(24L換算) 4,103円
500ml換算 113円
サーバーレンタル料 1320円
送料 0円

  • ※平均月額は、初年度に発生する費用(初期費用、サーバーレンタル代、水代、送料、メンテナンス費用、その他発生費用)の合計を1ヶ月の平均金額として算出したものです。
  • ※水代と500mlは、24L換算をもとに算出を行っております。実際の契約できる注文単位数によって水代は異なります。

費用比較

月額の費用と年間の料金をそれぞれわかりやすくするため、比較してみました。また、年間料金では、初年度と2年目以降で料金が変わる場合もありますので、あわせてご紹介しております。

平均月額料金

平均月額料金でみると「アクアクララ アクアウィズ」の方が、少し安い金額になっています。

メーカー・サーバー名平均月額初期費用お水サーバー配送料メンテナンス料
アクアクララ アクアウィズ ※15,008円0円2,808円0円0円2,200円
FRECIOUS Slat+cafe(スラット+カフェ)5,423円0円4,103円1,320円※20円0円
※1:コーヒーはネスレ定期お届け便の申し込みが必要。
※2:前月のお水利用が0〜2箱の場合。3箱以上の利用の場合は、無料。

年間料金比較

初期費用に差はないので、初年度も2年目以降も料金に変わりありません。

メーカー・サーバー名初年度2年目以降
アクアクララ アクアウィズ ※160,096円60,096円
FRECIOUS Slat+cafe(スラット+カフェ)65,080円65,080円
※1:2年割プランを利用した場合で算出しています。

サイズ・スペック比較

全体的なサイズ感は、「Slat+cafe」が奥行きは取りますが、幅と高さはコンパクトになっています。アクアウィズは、見た目でもわかるようにコーヒーマシンが一体化になっていますが、「Slat+cafe」は、内部に組み込まれているので見た目には、とてもシンプルなデザインなので、どんなお部屋にも調和しやすい印象です。

アクアウィズSlat+cafe
サイズネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50[Fifty] 搭載時
幅320mmx奥行320mmx高1,344mm
ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ アイ 搭載時
幅320mmx奥行320mmx高さ1,335mm
幅290mmx奥行350mmx高さ1,110mm
重さ(本体)ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50[Fifty] 搭載時 24.3kg
ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ アイ 搭載時 23.6kg
25.5kg
容量(タンク)冷水:3.3L、温水:1.6L冷水:1.5L、温水:1.5L
温度冷水:5~11 ℃
温水:85~95℃(省エネ運転:70~75℃)
冷水:4〜10℃
温水:80〜85℃(エコモード:70〜75℃、リヒートモード:約90℃)
消費電力冷水:105W
温水:465W
※コーヒーマシンの消費電力は含まない。
冷水:90W
温水:430W
ドリップ抽出:1,250W(最大消費電力:1,340W)

まとめ

料金的には、アクアクララの「アクアウィズ」の方が安くなっているものの、FRECIOUSが提供する「Slat+cafe(スラット+カフェ)」は、市販の挽いた豆(粉)も利用ができる仕組みが提供されているので、いろいろ楽しみたいという方、より本格的なコーヒを味わいたいという方は、こちらがおすすめです。

掲載料金などは、変更になっている場合がございます。お申し込みされる場合は、必ずサービス提供会社にて最新の情報をご確認するようにいお願いします。