来春引退予定のノースレインボーエクスプレスや、103系のバリエーション2種など! マイクロエース8月発表の新製品群

マイクロエース

新製品7種がラインナップ

鉄道模型メーカー「マイクロエース」の新製品が、2022年8月4日に発表されました。

2023年3月に運行が終了される予定の「キハ183系5200番代 ノースレインボーエクスプレス」や、先頭車が5扉から3扉に改造された「東武20400型(20430番台)」、103系のバリエーション2種などあわせて7アイテムです。

尚、紹介する製品はすべてNゲージです。

キハ183系5200番代 ノースレインボーエクスプレス

ノースレインボーエクスプレスは、編成順にラベンダー・ブルー・ライトグリーン・オレンジ・ピンクのテーマカラーが設定されており、製品もこれを再現します。

ノースレインボーエクスプレス

キハ183系5200番代 ノースレインボーエクスプレス(画像:マイクロエース)。

実車は、老朽化により2023年春での運用終了が発表されています。

製品化特長

  • 屋根上アンテナ移設後、近年の姿
  • スカート正面開口部を実感的な幅に修正
  • 前面エアホース取付
  • 側面ロゴマークの5色の並びを再現

商品化情報

東武20400型(20430番台)

東京メトロ日比谷線乗り入れ用に使用されていた東武20000型を、5ドアを3ドア化するなど、閑散線区向けのワンマン対応車に改造され4両編成を組む車両を、20400型と呼ばれます。

東武20400型(20430番台)

東武20400型(20430番台)(画像:マイクロエース)。

製品化特長

  • 5ドアから3ドアへ改造された20430番台を製品化
  • ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯
  • フライホイール付動力ユニット搭載

商品化情報

103系1200番代ユニット窓 分散冷房車 エメラルドグリーン 常磐・成田線

103系1200番代は地下鉄東西線乗り入れ用に1970年に登場した車両です。朝夕ラッシュ時の増結用、成田線線内運用などで活躍しましたが、1993年から1994年にかけて廃車されました。

マイクロエースポスター

マイクロエース8月発表のポスター(画像:マイクロエース)。

製品化特長

  • A0794/95を基にしたバリエーションモデル
  • 1990年代前半に見られた冷房電源MGが搭載されていない冬季限定の編成
  • 先頭車にシルバーシートマークを印刷

商品化情報

103系 試作冷房車(後期) ウグイス 山手線

1970年に製造された、103系試作冷房車のさらなる試験用に、10両中3両の冷房装置が交換された姿を製品化しています。

製品化特長

  • A7750/51を基にしたバリエーションモデル
  • サハ103-307、モハ103-281、クハ103-178の変更されたクーラー2種類を新規作成
  • 10両編成を一つのブックケースに収納

商品化情報

マイクロエース関連情報

マイクロエース

鉄道模型メーカー「マイクロエース」の紹介ページ。取扱商品、事業内容などを掲載。

京王7000系3種ほか多数発表! マイクロエース2022年9月発表の新製品

新製品11アイテムがラインナップ 鉄道模型メーカー「マイクロエース」の新製品が、2022年9月7日に発表されました。京王7000系のバリエーション3種のほか、名鉄キハ8500系や富山地鉄などバリエーションに富んだ展開です。発売時期は発表さ...

秩父鉄道デキやふなっしートレインなど! マイクロエース 7月発表のNゲージ新製品

鉄道模型メーカー「マイクロエース」の新製品が、2022年7月6日に発表されました。 秩父鉄道の電気機関車デキ302や伊豆急3000系「アロハ電車」など、魅力的な6種類がラインナップされています。

京王9000系登場! マイクロエース 2022年6月発表の新製品群

鉄道模型メーカー「マイクロエース」の新製品が、2022年6月2日に発表されました。京王9000系や芝山鉄道3500形など、首都圏でおなじみの通勤電車のほか、783系やオハフ60など、バラエティに富んだラインナップです。

寄付金額100万円超も!「ふるさと納税」かなり多彩な鉄道模型の返礼品【日本全国 編】

今どきの「ふるさと納税」の返礼品は、農畜水産物やお菓子、お酒などにとどまらず、様々なアイテムがラインナップされていますが、実は鉄道模型の返礼品も各地に見られます。今回はその中からNゲージを中心に、編集部セレクトの7アイテムを紹介します。

速報! 第60回 静岡ホビーショー で発表・展示された注目の鉄道模型

3年ぶりに一般公開される静岡ホビーショー 2022年5月14日(土)・15日(日)の2日間、静岡市内のイベントホール、ツインメッセ静岡で「第60回 静岡ホビーショー」が開催されます。コロナ禍により、3年ぶりの一般公開となりますが、それに先...

マイクロエースの鉄道模型を高価買取中

鉄道模型高く売れるドットコムが鉄道模型を「高く買える理由」とは?

「鉄道模型高く売れるドットコム」はその名の通り、鉄道模型の買取りサービスです。新しい鉄道模型が欲しくなった、転居先の事情で手放さざるを得なくなったなど、お手持ちの鉄道模型の売却を検討している方は、要チェックのサービスです。
査定額や手数料などは変更になっている場合があります。ご利用される場合は、必ずサービス提供会社にて最新の情報をご確認いただくようにお願いします。
鉄道模型を高く売りたい方必見!
無料査定はコチラ
タイトルとURLをコピーしました