Oisix初の冷凍食品に特化した物流拠点が誕生 ORD厚木冷凍ステーション 2月から稼働

Oisix

物流稼働量約2.8倍の新拠点が誕生

食品のサブスクリプションサービスを提供するオイシックス・ラ・大地株式会社(本社:東京都品川区)が展開するOisix(オイシックス)は、冷凍商品の物流拠点となる「ORD厚木冷凍ステーション」(所在地:神奈川県厚木市)の竣工式が、2024年1月18日(木)に行われたと発表しました。ORD厚木冷凍ステーションは、これまでOisixが使用していた施設から敷地倉庫面積が約3.7倍、物流稼働量は約2.8倍となる冷凍商品専用の物流センターで、2024年2月末より稼働開始予定とのことです。これにより、メインの物流拠点である「ORD海老名ステーション」と連動することで、より良い物流効率化が図れるようになるとのことです。

ORD厚木冷凍ステーションの外観(画像:Oisix)。

ORD厚木冷凍ステーションについて

新たに竣工したORD厚木冷凍ステーションは、EC食品宅配サービスOisixの冷凍商品の専用物流施設で、全国の取引先から入荷した冷凍商品を集約し、出荷するための拠点です。

Oisixのミールキットイメージ(画像:Oisix)。

Oisixでは冷凍食品の商品取り扱い数が増加傾向で、それは今後も続く見通しとのこと。Oisixの会員数は約40万人を数え(2023年9月末時点)、会員の多くが冷凍食品をネットで購入している状況があるため、安定した冷凍商品の物流体制の構築を目指していりるとのことです。ORD厚木冷凍ステーションは2024年2月末から稼働を開始するとのことです。

食品宅配サービス「Oisix」とは

2000年に設立された「Oisix」は、「つくった人が自分の子どもに食べさせられる食材のみを食卓へ」をコンセプトとした、有機野菜や特別栽培野菜、合成保存料・合成着色料を使わない加工食品などの生鮮食品を取り扱うEC食品宅配サービスです。現在、日本全国に396,709人(2023年6月末時点)の会員がいます。

関連事業者

食材宅配ライター
食材宅配編集部

ネットスーパーから冷凍弁当・ミールキットまで、あらゆる食材宅配の最新情報をわかりやすく紹介。ニーズにピッタリのサービスを探せます。

食材宅配編集部をフォローする
食材宅配比較