ウォータースタンド株式会社が脱炭素チャレンジカップ2023に協賛

脱炭素チャレンジカップ2023のバナー ウォーターサーバー

ウォータースタンド株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:本多 均、以下当社)は、脱炭素チャレンジカップ2023に協賛することを発表しました。

脱炭素チャレンジカップ2023のバナー

脱炭素チャレンジカップは、気候変動対策のさらなる加速化のため、地域活動の活性化とネットワークの構築の促進を目指し、環境省・文部科学省・国連広報センターなどの後援を受け毎年開催されており、次回は2023年2月16日(木)開催予定です。受賞団体の取り組みのノウハウや情報の共有、さらなる活動に向けて連携や意欲を創出する「場」としても広く認知されています。

ウォータースタンド株式会社は2022年2月15日(火)に開催された脱炭素チャレンジカップ2022で、28のファイナリスト(優秀賞)の中から脱炭素に向けた最も優れたストーリーとして認められ「オルタナ最優秀ストーリー賞」を受賞しています。

脱炭素社会づくり活動や地球温暖化防止に取り組む団体を支援するため、本年は協賛という形で参加するとのことです。

「カーボンニュートラルの実現に向けて!今こそ!脱炭素チャレンジカップ!」
https://www.zenkoku-net.org/datsutanso/
「地域発!脱炭素な取組!活動団体データベース」
https://www.zenkoku-net.org/datsutanso/database/

※バナーの掲載においては、一般社団法人地球温暖化防止全国ネットより許可を得て使用しております。

ウォータースタンド株式会社の使い捨てプラスチックボトル削減に向けた取り組み

ウォータースタンド株式会社は使い捨てプラスチックボトル30億本の削減をミッションに掲げ、全国の地方公共団体・教育委員会と「ボトルフリープロジェクト」を推進しています。「ボトルフリープロジェクト」は、誰もがアクセスできる水道水を活用し環境負荷が少ない給水スタンドを整備し、マイボトル活用を推進するものです。

本活動を通じて、使い捨てプラスチック削減・CO2排出抑制による気候変動の緩和と、水分補給による熱中症などの被害・健康増進による気候変動への適応の両立の実現を目指しています。

ウォータースタンドについて

水道直結ウォーターサーバー「ウォータースタンド」は、ボトル不要でいつでもおいしい飲料水が使える利便性の高さと、運搬や使い捨て容器を必要としないエコな給水システムが支持され、子育て世帯を中心とした個人宅や、SDGs達成に取り組む法人、大学などに支持されています。

未来の世代に向けた当社の取り組み

ウォータースタンドは、2020年2月にビジョンとミッションを策定し、暮らしに寄り添う製品の提供と環境負荷軽減に貢献する事業経営を通じ、脱炭素社会の実現に向けてSDGs経営を推進しています。

ウォータースタンドのビジョンとミッション

ウォータースタンド株式会社 概要

代表取締役社長:本多 均(ほんだ ひとし)
本社:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-463(全国63拠点 2022年7月)
設立:1969年3月 資本金:5,000万円
事業内容:水道直結ウォーターサーバー「ウォータースタンド」・空気清浄機レンタル
コーポレートサイト https://waterstand.co.jp/

価格ガイドで「ウォータースタンド」のウォーターサーバー・宅配水を詳しくみる