本当に必要ない?実は便利な一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー比較

比較ランキング

小さい子どもなど、家族にいる家庭ではウォーターサーバーは活躍します。しかし、便利そうだと思いながら「一人暮らしの自分には必要がない」と躊躇してしまっている方もいるのではないでしょうか?

たしかに、一人暮らしの方が家族向けのウォーターサーバーを契約してしまうと水を消費しきれずにボトルを部屋の隅に詰んでしまったり、月々の電気代が高くなってしまったりとデメリットが発生してしまいます。

しかし、各ウォーターサーバーの特徴や仕組みを理解すれば、便利かつお得に利用することができます。

この記事では一人暮らしにウォーターサーバーをおすすめする理由・おすすめのサーバーなどをご紹介します。

一人暮らしでウォーターサーバーを選ぶポイント

一人暮らしに適したサーバーを選ぶ際は、下記ポイントにご注目ください。

・月額費用がいくらか
・サーバーのサイズはお部屋にあっているか
・機能は充実しているか
・最低利用期間と解約金(違約金)
・お水の注文ノルマとスキップ制度の有無

月額費用がいくらか

ウォーターサーバーで発生する費用としては基本的に下記費用が発生します。

  • ウォーターサーバーレンタル費用
  • お水料金
  • 送料
  • 電気代

このほか、初期費用や、サポート(保険)費用、メンテナンス費用などが掛かる場合もありますが、基本的に月額費用として発生する項目はこれらとなります。

ウォーターサーバーレンタル費用は0円〜8,000円程度のものが多く、新型機や多機能になると料金が上がる傾向にあります。

また、お水の料金も天然水なのか、RO水なのか、浄水(水道水)なのかで金額が変わってきます。
おおまかな傾向としては、天然水はサーバーレンタル費用が無料で、お水代・送料以外のコストが発生しない。RO水はお水の単価が安く継続利用がしやすい。浄水(天然水)は水道代に加算されるが好きなだけお水を飲むことができて、お水の注文ノルマがないなどの傾向があります。
※必ずしも上記条件に当てはまるわけではございません。

そのほか、お住まいの地域によって送料は変動してきますが、月額コストが安いウォーターサーバーや、エコモードがある(電気代が安い)ウォーターサーバーなどは当サイトでもまとめていますので、是非参考にして下さい。
月額コストが安い!おすすめ!ウォーターサーバー比較
電気代を節約できる!エコモードがあるウォーターサーバー比較

サーバーのサイズはお部屋にあっているか

ウォーターサーバの導入で課題となってくるのはサーバーの大きさです。
サーバーの平均的なサイズは、高さ1,000mm〜1,300mm前後、幅と奥行きはともに300mm〜400mm前後となっています。

一人暮らしをする多くの人がワンルームや1Kなど、決して広くはない間取りで生活をしているかと思います。しかも、ウォーターサーバーは設置時に、壁との間に10〜15センチ程隙間を開ける必要があります。正直、このサイズは一人暮らしには圧迫感を感じる方もいるでしょう。

しかし、ウォーターサーバーには「床置型」と「卓上型」の2種類があります。

床置型」は一般的な形です。「ロングタイプ」とも呼ばれ、高さがある分、卓上型よりも重量があるので地震などで倒れる

「床置型」は高さがある為、お水の容量も大きく、お水の交換頻度が減るというメリットがありますが、「卓上型」はコンパクトなので机やタンスの上に設置することができるので、比較的スペースに困りません。

それぞれメリット・デメリットがありますので、ご契約前には必ず設置場所・サイズを確認してご自身のお部屋に合うサーバーを選びましょう。

機能は充実しているか

ウォーターサーバーは機種によって搭載されている機能が異なります。
機能一覧は下記の通りです。

エコ機能 … 消費電力を抑えて、電気代を節約できる機能
チャイルドロック機能 … 子どものいたずらや事故などを防ぐために、簡単に操作できないようにする機能
内部クリーン機能 … サーバー内に熱水を循環させることで衛生をキープするための機能
温度調節機能 … 温水(80〜85℃)を一時的に高温水(90〜95℃)にすることができる機能
再加熱機能 … 温水をさらに加熱して高温水にする機能
静音設計 … サーバー本体の駆動音や振動音を削減した設計
足元ボトル式…ボトル設置箇所がサーバー下部にあり、ボトル交換がしやすい設計
コーヒー・炭酸水機能 … コーヒーや、炭酸水を作ることができる機能

近年のウォーターサーバーは機能が充実しており、機能が複数搭載されていることは普通となっています。ただ、やはり機能が多くなればそれだけ月額が高くなる傾向があります。

ですので、一人暮らしの方がウォーターサーバーを契約する場合は、必要な機能・不要な機能を選択することをおすすめします。

例えば、小さな子どもの安全を守る「チャイルドロック機能」などは不要でしょう。
逆に消費電力を抑えて電気代を節約できる「エコ機能」や頻繁に清掃をしなくても清潔を保ってくれる「内部クリーン機能」などは一人暮らしにはおすすめです。

また、近年では「足元ボトル式」のサーバーが登場しています。
従来のサーバーは、ボトルの設置箇所がサーバー上部にあり、お水の交換時には数キロもあるボトルを持ち上げる作業が必要です。しかし、「足元ボトル式」はボトルの設置箇所が下部に備わっているため、重いボトルを持ち上げる必要もないので女性でも簡単にお水の交換ができます。

また、ボトルはサーバー内部に収納するタイプが多いため、ボトルが隠れてインテリアとしてのデザイン性も高まります。

ご自身の予算や生活スタイルに合った機能を搭載したウォーターサーバーを選びましょう。

最低利用期間と解約金(違約金)

ウォーターサーバーには基本的に最低利用期間と、それに伴う解約金が設定されています。
メーカーによって変わってきますが、ほとんどのウォーターサーバーの最低利用期間は2〜3年ほど。解約金は数万円支払わなければなりません。また、解約金が無料と記載されていてもサーバー撤去料などの項目で別途費用が発生してしまうこともあります。

いざウォーターサーバーを使ってみると「意外に使わなかった」「もっと機能が欲しい」などの理由で解約・メーカーの乗り換えを検討してもスムーズにいかない場合があるので、契約メーカー・サーバーの最低利用期間と解約金、利用条件等は事前に確認することをおすすめします。

当サイトで解約金が安いウォーターサーバーをまとめていますので、是非参考にして下さい。
意外と見落としがち?解約金が安いウォーターサーバー比較

お水の注文ノルマとスキップ制度の有無

ウォーターサーバーにはメーカーによって、お水の「注文ノルマ」と「スキップ制度」というものがあります。
基本的には天然水やRO水をボトルで注文する場合、1ヶ月間でボトル2本などで定期配送されます。ただこの場合、お水を消費しきれなかった際は部屋にボトルが積み重なってしまうことになります。

こういう時に便利なのが「スキップ制度」です。
スキップ制度とは、お水の定期配送をお休みできる制度のことで、多くはスキップ回数に制限があるものの、もしお水を消費しきれなかった場合でもボトルの配達を翌月に持ち越すことができます。

スキップ制度がない場合、配送休止手数料として数千円かかってしまうことがあるので、契約の前にはこれらの制度があるか、確認することをおすすめします。

一人暮らしにおすすめなウォーターサーバー

今回は一人暮らしにおすすめなウォーターサーバーを4件ピックアップしてご紹介します。

一人暮らしの方がウォーターサーバーを選ぶ際に重要視するポイントは個人のライフスタイルで異なってきますが、ここでは月額料金の安さ・機能の充実さ・注文ノルマと配送スキップの有無を注目してご紹介します。

プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ

プレミアムウォーター

幅270mm×奥行363mm×高さ1,276mm
(ボトルカバー・トレー含む)

横幅27cmの置き場所を選ばないスリムなサイズ。エコモード搭載の省エネサーバーで電気代を約20%節約!

平均月額 4,249円
サーバーの種類 宅配型
水の種類 天然水
お水名称 プレミアムウォーター 富士吉田(12Lボトル)
水料金 3,974円 (12L x 2)
ボトル容量 12L
500ml換算 83円
ボトルタイプ ワンウェイ方式(使い捨て)
サーバーレンタル料 0円
初期費用 3,300円
メンテナンス料金 0円
送料 0円※
※北海道、青森、岩手、秋田、沖縄は220円(税込)。石垣島・宮古島は715円(税込)
  • ※「平均月額」は、初期費用+お水代+サーバーレンタル料+メンテナンス費用の合計を元に算出しています。配送料は含まれていません。
  • ※水料金は、実際に利用する場合の最低注文単位数をもとにしています。サービス会社によって容量が異なる場合があります。
  • ※500ml換算は、単純に水代を500ml換算し料金を算出しています。

・ウォーターサーバーシェア・顧客満足度 No.1
・月額料金3,974円(お水代のみ)から利用可能
・サーバーレンタル料・配送料が無料
・エコモード搭載で電気代を20%節約できる
・お水配送の一時休止(スキップ)が可能
・横幅270mmでスリムなサイズなので置き場所を選ばない
・床置型と卓上型を選ぶことができる

プレミアムウォーター株式会社が提供しているウォーターサーバーです。
プレミアムウォーター』は、2021年度7月「ウォーターサーバーの利用に関する調査(マイボイスコム株式会社が実施)」で、天然水ウォーターサーバーシェア・顧客満足度No.1を獲得したメーカーです。人気の高いスタンダードモデル『スリムウォーターⅢ』や、家電ブランドamadanaとコラボしたデザイン性の高いウォーターサーバー『amadanaスタンダードサーバ』など、サーバーのラインナップも充実しています。

サーバーレンタル料・配送料がともに無料で、お水代3,974円(12L×2本)のみで利用が可能です。
お水のボトル2本/月(24L)が購入ノルマとして設定されていますが、スキップ制度があるのでうまく活用すると1月あたり1,987円(12L×1本)で利用できる計算になります。

スキップ機能は、前回配送日から59日までの期間は無料で利用できます。
これらの手続きがプレミアムウォーター公式アプリで一括管理できるのも便利なポイントです。

ウォーターサーバー『スリムサーバーⅢ』は従来のサーバーよりも横幅をスリムにしてエコになったモデルです。床置型でも、横幅が270mmなので一人暮らしの部屋でも比較的邪魔にならずに設置できます。

機能は「エコモード」「チャイルドロック機能」が搭載されており、エコモード時の月額電気料金は約500円に抑えることができます。

『スリムサーバーⅢ』は床置型と卓上型の2種類がありますが、性能にほとんど差がなく、カラーバリエーションも充実しているため自身のお部屋に合わせて利用できます。

ワンウェイウォーター smart

ワンウェイウォーター

幅300mmx奥行340mmx高さ1,110mm

ボトル交換らくらく簡単。消費電力50〜60%OFFの省エネecoモード機能付き。スリムでコンパクトなウォーターサーバーです。

平均月額 4,050円
サーバーの種類 宅配型
水の種類 RO水
お水名称 プラスプレミアム(富士)
水料金 2,700円 (12L x 3)
ボトル容量 12L
500ml換算 56円
ボトルタイプ
サーバーレンタル料 0円
初期費用 0円
メンテナンス料金 0円
送料 0円※
※「プラスプレミアム」は月3本以上の契約。(1回当たり2本を20日間隔で配送)
※北海道、沖縄・離島はサービス対象外エリアです。
  • ※「平均月額」は、初期費用+お水代+サーバーレンタル料+メンテナンス費用の合計を元に算出しています。配送料は含まれていません。
  • ※水料金は、実際に利用する場合の最低注文単位数をもとにしています。サービス会社によって容量が異なる場合があります。
  • ※500ml換算は、単純に水代を500ml換算し料金を算出しています。

・お水1本の価格が業界最安値の1,350円
・サーバーレンタル料・配送料が無料
・お水を「天然水」と「RO水」から選ぶことができる
・「天然水」であれば2ヶ月に1回無料で配送スキップ可能
・「エコモード」「チャイルドロック機能」が搭載
・足元ボトル式だからボトルの交換がラク

ワンウェイウォーター株式会社が提供するウォーターサーバーです。
ワンウェイウォーター』はRO水と、3つの採水地から採水された天然水3種類からお水を選ぶことができ、RO水は業界最安値の1,350円(12L×1本)で提供しているメーカーです。

RO水と天然水でお水の代金が変動するのでご注意ください。(RO水:1,350円、天然水:2,052円)

サーバーレンタル料と配送料がともに無料で、RO水の場合は2,700円(12L×2本)から利用可能です。
ただ、注文ノルマがRO水の場合は36L(12L×3本)、天然水の場合は24L(12L×2本)と設定されており、RO水で配送を休止する場合は休止手数料として880円かかってしまうので注意が必要です。天然水を利用する場合は2ヶ月に1回、無料でスキップが可能です。

ワンウェイウォーター』は契約時に配送間隔を指定できるのでうまく活用しましょう。

配送間隔:7日毎、10日毎、15日毎、20日毎
お水のお届け本数:1セット(2本)、2セット(4本)、3セット(6本)、4セット(8本)、5セット(10本)
※天然水の場合は最長1ヶ月毎に配送可能

ワンウェイウォーター』のウォーターサーバーは『smart』と、その次世代型である『smartプラス』を取り扱っていますが、変更点としては主に、チャイルドロック機能にロックキーが追加された点。クリーンエアシステムの稼働タイミングが24時間毎(smart)から48時間毎(smartプラス)になった点。静音性が30%向上した点の3つとなっています。
しかし、『smart』にもチャイルドロック機能やクリーンエアシステムは付いているので、安さを追求するのであれば『smart』でも十分な機能を果たしています。

ワンウェイウォーター』はお水の注文ノルマが厳しくはありますが、「お水を安く利用したい」「お水を多く飲むので問題ない」という方にはおすすめのサーバーです。

コスモウォーター smartプラス

コスモウォーター

幅300mmx奥行340mmx高さ1,100mm

選べる5色のカラーバリエーション!スリムでコンパクトなウォーターサーバーです。グッドデザイン賞受賞。

平均月額 4,104円
サーバーの種類 宅配型
水の種類 天然水
お水名称 天然水コスモウォーター(静岡)
水料金 4,104円 (12L x 2)
ボトル容量 12L
500ml換算 86円
ボトルタイプ ワンウェイ方式(使い捨て)
サーバーレンタル料 0円
初期費用 0円
メンテナンス料金 0円
送料 0円※
※北海道は532円(税込)。沖縄・離島はサービス対象外エリアです。
  • ※「平均月額」は、初期費用+お水代+サーバーレンタル料+メンテナンス費用の合計を元に算出しています。配送料は含まれていません。
  • ※水料金は、実際に利用する場合の最低注文単位数をもとにしています。サービス会社によって容量が異なる場合があります。
  • ※500ml換算は、単純に水代を500ml換算し料金を算出しています。

・「モンドセレクション2022」にて金賞を受賞
・月額4,104円(お水代のみ)から利用可能
・サーバーレンタル料・配送料が無料
・お水配送の一時休止(スキップ)が可能
・「エコモード」「チャイルドロック機能」「Wクリーン機能」が搭載
・静音設計
・足元ボトル式だからボトルの交換がラク

株式会社コスモライフが提供するウォーターサーバーです。
コスモウォーター』は初期費用やサーバーレンタル料金、送料がすべて無料のウォーターサーバーで、「smartプラス」など、人気の高いモデルを取り扱っています。

サーバーレンタル料・配送料が無料。お水代4,104円(12L×2本)のみで利用可能です。
注文ノルマは24L(12L×2本)と設定されていますが、スキップ制度があり、最大1ヶ月スキップが可能です。2ヶ月以上連続して休止する場合は休止手数料として880円かかってしまうのでご注意下さい。

スキップ制度をうまく活用することで、実質1ヶ月2,052円でウォーターサーバーを利用できます。

ウォーターサーバー『smartプラス』はワンウェイウォーターでご紹介した『smart』の次世代モデルです。『smart』にも搭載されていたエコモードなどの機能に加え、チャイルドロック機能にロックキーが追加。クリーンエアシステムの稼働タイミングが48時間毎になったので電気代を節約できます。また、静音性が30%向上したのでワンルームや1Kのお部屋に設置しても比較的、駆動音が気になりません。

FRECIOUS dewo mini(デュオミニ)

FRECIOUS

幅250mmx奥行295mmx高さ470mm
(蓋を開けた高さ:670mm)

業界最小サイズ。省スペースに設置できる置き場所を選ばないコンパクトな卓上型のウォーターサーバーです。

平均月額 4,546円
サーバーの種類 宅配型
水の種類 天然水
お水名称 フレシャス富士
水料金 3,996円 (4.7L x 4)
ボトル容量 4.7L
500ml換算 106円
ボトルタイプ ワンウェイ方式(使い捨て)
サーバーレンタル料 550円
初期費用 0円
メンテナンス料金 0円
送料 0円※
※沖縄・離島はサービス対象外エリアです。
  • ※「平均月額」は、初期費用+お水代+サーバーレンタル料+メンテナンス費用の合計を元に算出しています。配送料は含まれていません。
  • ※水料金は、実際に利用する場合の最低注文単位数をもとにしています。サービス会社によって容量が異なる場合があります。
  • ※500ml換算は、単純に水代を500ml換算し料金を算出しています。

・平均月額4,160円から利用可能
・初期費用・配送料が無料
・お水がパック式で、容量4.7Lと消費しやすい量
・お水配送の一時休止(スキップ)が可能
・卓上型だから置き場所に困らない
・「エコモード」「チャイルドロック機能」が搭載
・静音設計

富士山の銘水株式会社が提供するウォーターサーバーです。
フレシャス』は世界的デザイナー・安積伸氏がデザインを担当し、グッドデザイン賞とキッズデザイン賞の2冠。世間的にも評価が高いウォーターサーバーを取り扱っています。

初期費用・配送料が無料ですが、サーバーレンタル料がサーバーの種類とお水の注文数で変動します。
今回ご紹介する『dewo mini』の場合、サーバーレンタル料は550円/月、お水の注文数が0〜2箱ならレンタル料が発生、3箱以上であれば無料となります。

ご契約前に自身が契約するサーバーのレンタル料がいくらなのか確認しておきましょう。

フレシャス』の注文ノルマは18.8L(4.7L×4パック)ですが、1ヶ月間のスキップ制度があるので1月9.4L(4.7L×2パック)の消費で利用できます。
2ヶ月連続で休止する場合は休止手数料として1,100円かかってしまうのでご注意下さい。

ウォーターサーバー『dewo mini』は「エコモード」や「チャイルドロック機能」などの基本的な機能が備わっており、エコモードではSLEEP機能、エコモード、デュアルタンクの3つの省エネ機能を活用することで最大60%ほど、電気代を節約することができます。

また、夜間を考慮した淡い光のLEDライトと、約25dbしか駆動音が発生しない静音設計なので、一人暮らしのお部屋でも就寝を邪魔することはありません。
(※木の葉が触れあう音が約20db)

一人暮らしにおすすめなウォーターサーバー比較

メーカーサーバー平均月額お水
ワンウェイウォーターsmart2,700円天然水/RO水
コスモウォーターsmartプラス4,104円天然水
プレミアムウォータースリムサーバーⅢ4,249円天然水
フレシャスdewo mini(デュオミニ)4,546円天然水
※表示料金は、「税込」の金額となります。
※配送料は含まれていません。

まとめ

一人暮らしでのウォーターサーバーの契約は敷居が高いように思いますが、日々購入するお水のペットボトル料金や、買いに行く工数などを考えると決して高すぎる買い物ではありません。
むしろ、スキップ機能などをうまく活用すると、これまで飲料水にかけていた料金よりも断然コスパ良くお水を飲めるようになります。
ウォーターサーバーは自宅にいる時間が長い人や、自炊に力を入れている人ほどおすすめです。

成人が1日に必要とする水分量は約2.5Lと言われています。
自分が1日にどれほどお水を飲むのか、そして料理などにどれだけ使用するのかなど事前に確認して、自分に合ったメーカーをお選び下さい。