KATO Nゲージ 東京メトロ半蔵門線 18000系 最新試作品公開!

東京メトロの最新車両 18000系 Nゲージ試作品

鉄道模型メーカーKATO(カトー)が、2022年9月21日に出荷を予定しているNゲージ車両の新製品「東京メトロ半蔵門線 18000系」の試作品が公開されました。まもなく発売となりますので、ほぼ製品版といって良い状態です。

18000系

KATO 東京メトロ半蔵門線 18000系の先頭車。

東京メトロ半蔵門線18000系は、2021年8月に登場した、東京メトロの最新車両です。東京メトロ半蔵門線 渋谷~押上間のほか、相互直通運転先の東急田園都市線の中央林間や、東武スカイツリーラインの南栗橋、東武伊勢崎線の久喜まで運行されています。

18000系

KATO 東京メトロ半蔵門線 18000系のパンタグラフ周辺。

製品は、6両基本セットと4両増結セットを購入することで、実車の10両編成が再現できるほか、ホビーセンターオリジナルパーツとして、「東京メトロ半蔵門線 18000系 グレードアップシール」も発売されます。

18000系

KATOの東京メトロ半蔵門線 18000系に付属する先行表示シール。

製品化特徴

  • 新開発のスロットレスモーターの採用
  • 鷺沼検車区所属の18102Fがプロトタイプ
  • ヘッド/テールライト 前面表示点灯(白色LED採用)

商品情報

*出荷日と店頭発売日は数日間ずれが生じる事があります。
*画像は製品サンプルのため、製品とは異なる場合があります。

KATO 関連記事

速報! 流電 クモハ52など KATO 9月の説明会で展示されたNゲージの試作品

2022年9月13日(火)、東京都新宿区のKATO本社で、2022年10月以降に発売されるKATOの新製品発表会が、関係者向けに開催されました。会場には、飯田線で活躍したクモハ52の4両セットの試作品などが展示されていました。

肉や魚介だけじゃない! 実は充実「ふるさと納税」Nゲージの返礼品【埼玉県鶴ヶ島市 編】

「ふるさと納税」の返礼品といえばその自治体の地元名産品で、その多くが農畜水産物というイメージがあるかもしれませんが、実は鉄道模型も各地にちらほらと見られます。KATOのお膝元である埼玉県鶴ヶ島市の場合、Nゲージ車両が目白押しでした。

「Nゲージとガーデンパーク」埼玉県鶴ヶ島市に2024年オープン 市と関水金属が連携

埼玉県鶴ヶ島市に、Nゲージの名を関する公園が整備されます。市と鉄道模型ブランド「KATO(カトー)」を展開する関水金属との官民連携事業であり、レールを敷設してイベント時などに機関車を走らせる予定といいます。

221系リニューアル車や飯田線の流電など KATO 2022年12月発売予定の新製品

鉄道模型メーカー「KATO(カトー)」が、2022年12月に発売される新製品を発表しました。「流電」の愛称で知られるクモハ52系電車や、嵯峨野線で活躍する221系電車など、盛りだくさんの内容です。

話題の300系新幹線の試作品がお披露目! KATO 6月の新製品発表会

2022年6月以降にKATOから発売される新製品が展示 2022年6月14日(火)、東京都新宿区のKATO本社で関係者向けに、秋から冬に発売されるKATOの新製品発表会が開催されました。会場には、先の静岡ホビーショーで製品化が発表された、...

半蔵門線の最新車両登場! 東京メトロ 18000系ほか KATO 5月の新製品発表会

KATOは2022年5月17日(火)、東京都新宿区のKATO本社で関係者向けの新製品発表会が開催されました。 会場には、2022年5月末に発売予定のE235系1000番台の製品サンプルの展示や、2022年秋以降に発売予定製品の試作品などが展示されていました。

お手軽2両セット 姫新線キハ122系登場! KATO 4月の新製品発表会

鉄道模型メーカーのKATOは2022年4月12日(火)、東京都新宿区のKATO本社で関係者向けの新製品発表会を開催しました。会場では、4月22日出荷予定のキハ122などが展示されていました。

KATOメーカー情報

KATO(カトー)

鉄道模型メーカー「KATO(カトー)」の紹介ページ。取扱商品、事業内容などを掲載。

KATOの鉄道模型を高価買取中

鉄道模型高く売れるドットコムが鉄道模型を「高く買える理由」とは?

「鉄道模型高く売れるドットコム」はその名の通り、鉄道模型の買取りサービスです。新しい鉄道模型が欲しくなった、転居先の事情で手放さざるを得なくなったなど、お手持ちの鉄道模型の売却を検討している方は、要チェックのサービスです。
鉄道模型を高く売りたい方必見!
無料査定はコチラ
タイトルとURLをコピーしました